読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周 かなの旅風日和

気持ちの良い風が吹いたら 風に身を任せたり、時に逆らったり、 のんびり旅にでる。 そんな旅風に吹かれた日々の記録。

ダイビングの恐さを克服するのに大切なこと

プーケットのダイビングショップでライセンス取得を目指しています(*・ω・)

オープンウォーターと欲張ってアドバンスまでGETしたいと意気込んで申し込みました!

(オープンのさらにステップアップしたアドバンスを取得すると、深いところ、18メートル以上や洞窟なども潜ってオッケーになります。)


ところが、乾季のはずのプーケットで大雨が!!
海が荒れて、船酔いしやすい私は海洋実習で、ポイントにいくまでにかなりやられてしまいました( ;∀;)
気分が悪い中で荒れた海に潜るのが恐い
そう思って潜水をストップしてしまった( ノД`)

そんな私ですが最短コースより二日遅れて、本日オープンのライセンス取得しました(*^O^*)


f:id:tabikaze-b:20170110233227j:plain

潜水を克服してみて大切だと思ったこと、ポイントをまとめました!


①船酔いしやすい人は必ず対策をとる。

酔い止め薬、朝食をとりすぎない、船に乗ったら眠る。横になる。気分が悪い中でマスクをして潜水するのは初心者にとってかなり不安なもの!
どうしても酔いやすい人はビーチでの講習をすすめます(*・ω・)


②初めての海洋実習は天気を選んで。

初めての海の印象が悪いとなかなか克服することができません。
短いスケジュールでライセンス取得する人が多いので難しいかもしれませんが、出来れば天気が悪い日に無理に実習せず伸ばすことをおすすめします。

③インストラクターさんとコミュニケーションをしっかりとる。

ストップをしてしまった次の実習では、恐いけど頑張って潜りたい!という思いをインストラクターさんへ伝えました。
私だけを見てるわけにはいかない多忙なインストラクターさんですが、潜水の時は付きっきりで一緒に潜ってもらいました。
しっかり目を見て大丈夫ですか?とサインしてくれるので心強かった!!
信頼できるように、サポートしてもらえるように自分の気持ちをインストラクターさんへ伝えることが大切です。

④ダイビング経験者の友達に感想を聞く。
私は恐いと思った日にダイビングライセンスを取得した友人に連絡をとりました。
みんな初めて潜ったときは不安で恐いと感じたと言いました。
だから不安になったとき、みんなもその気持ちを乗り越えてる!と思うことで心に余裕が生まれました。

⑤潜水ポイントにいくまでに泳ぎながらレギュレーターで呼吸をする。

レギュレーターの空気は湿気がなく、普段呼吸している空気とは違います。そこに違和感を感じて、長い時間この空気を吸うことに不安を感じました。
そのため、水面で泳ぎながらもレギュレーターを加えることでタンクの空気に慣れました。


⑥潜水で不安になったら大きくゆっくり深呼吸する。

基本的なことですが、一番大切なことかと!
不安だ!やだな!水面に出たい!やめたい!と思ったとき、一度落ち着いて深呼吸してください。①から⑤の対策を思い出して、しっかり準備したから大丈夫と安心してください。不安を感じてすぐ、浮上ではなくて、一度その水深で止まってみてください。

以上が私が克服できたポイントです!

なかなか深刻な感じで書きましたが、
実際のところダイビングはきちんとルールを守れば簡単なスポーツです!!
スノボーやトレッキングの方がよっぽど難しくて、きつい。
落ち着いて、冷静になれば海の美しさの虜になると思います(*^^*)


私は、明日からさらに二日間かけてアドバンスコースのライセンス取得を目指します!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングに参加しております◎
良ければ上記のボタン押して頂けたら励みになります(*^^*)